内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造 水島宏明

内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造

著者
水島宏明
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
社会・政治
配信日
2015年08月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造のあらすじ

テレビはかつて「びっくり箱」だった。そこには驚きがあり、興奮があった。しかし、いまやテレビは捏造、ヤラセ、偏見のオンパレード。なぜ、かくもテレビは劣化してしまったのか? その構造的問題を浮き彫りにし、テレビに騙されないための知識を伝授。

648円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP