八紘一宇 日本全体を突き動かした宗教思想の正体 島田裕巳

八紘一宇 日本全体を突き動かした宗教思想の正体

著者
島田裕巳
出版社
幻冬舎
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2018年09月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八紘一宇 日本全体を突き動かした宗教思想の正体のあらすじ

2015年参議院予算委員会で三原じゅん子議員が「八紘一宇」ということばを口にした瞬間、部屋の空気が変わり、ざわついた。戦時中の日本の海外侵略を正当化する役割を果たしたと認識される一方で、宮沢賢治、石原莞爾、北一輝らを魅了した、日蓮主義者・田中智学のこのことばは、どういう意味そして経緯で戦前戦中の日本人を、天皇を中心とする熱狂に駆り立てたのか? そして戦後、八紘一宇はどう生き延び、日本に溶け込んでいったか? 現代に連なる日本的精神を読み解く画期的論考。

820円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

八紘一宇 日本全体を突き動かした宗教思想の正体のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

八紘一宇 日本全体を突き動かした宗教思想の正体の注目の投票ランキング

PAGE
TOP