信長の笑み、光秀の涙 辻大悟

信長の笑み、光秀の涙

著者
辻大悟
出版社
双葉社
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2019年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信長の笑み、光秀の涙のあらすじ

戦国時代最大の謎「本能寺の変」。なぜ、明智光秀は織田信長に謀叛を起こしたのかーー。変から15年以上が経った頃、「信長公は本能寺で自害するとき、明智勢を見ながら”是非に及ばず”とつぶやき、笑みをもらした」という噂が流れる。信長の笑みが意味するものとは。一級史料をもとに新説に迫る新感覚歴史ミステリー小説。

1,296円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

信長の笑み、光秀の涙のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP