白洲家の日々―娘婿が見た次郎と正子―(新潮文庫) 牧山圭男

白洲家の日々―娘婿が見た次郎と正子―(新潮文庫)

著者
牧山圭男
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2019年02月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白洲家の日々―娘婿が見た次郎と正子―(新潮文庫)のあらすじ

白洲次郎のひとり娘を奪い、“七年の敵”と呼ばれた著者。「夫婦円満の秘訣はなるべく一緒にいないこと」という奇想天外な二人のもと、後年様々な薫陶を受けることになる。著者が夫婦喧嘩をしたときに、居合わせた正子が見せた女性らしい素顔、夜中に訪れた新聞記者に次郎が応えて言った「僕は口が堅いからここまで生きてこられたんだ」という言葉の重み……。秘話満載の名エッセイ。※新潮文庫版に掲載の写真の一部は、電子版には収録しておりません。

561円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

白洲家の日々―娘婿が見た次郎と正子―(新潮文庫)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP