モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集II ミステリ編―(新潮文庫) エドガー・アラン・ポー/巽孝之/訳

モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集II ミステリ編―(新潮文庫)

ジャンル
文芸 SF・ファンタジー 文芸 その他
配信日
2019年02月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集II ミステリ編―(新潮文庫)のあらすじ

史上初の推理小説「モルグ街の殺人」。パリで起きた残虐な母娘殺人事件を、人並みはずれた分析力で見事に解決したオーギュスト・デュパン。彼こそが後の数々の“名探偵”たちの祖である。他に、初の暗号解読小説「黄金虫」、人混みを求めて彷徨う老人を描いたアンチ・ミステリ「群衆の人」を新訳で収録。後世に多大な影響を与えた天才作家によるミステリの原点、全6編。生誕200年記念。

561円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集II ミステリ編―(新潮文庫)のユーザーレビュー

この作品のレビューをスマホから投稿すると30ポイントもらえます!

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集II ミステリ編―(新潮文庫)の注目の投票ランキング

モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集II ミステリ編―(新潮文庫)の最新書籍ニュース

2018年03月28日 更新

PAGE
TOP