心を超えるともっと自由に生きられる

購入した作品の読み方

あらすじ

「心」こそが苦しみを生み出している! 「心」も「体」も『本当のあなた』ではない。「心」の超え方を知れば、幸せに輝いて生きていくことができる。どんなときも、自由に生きる、心の新しい使い方。

【目次】
1章 「心」と「体」は欲望によって幸せを求める
 あらゆる苦しみは、心に翻弄されているから起きる
 あなたはいったい誰なのか?
 目に見える世界を変えたければ、目に見えない世界を変える  ほか

2章 「執着」を手放せば、苦しみを超えられる
 苦しみの多くは「執着」から生じている
 感覚からくる執着
 肉体への執着を超える  ほか

3章 人生に何が起こっても超然として生きる
 困難や苦しみに影響されない生き方 
 幸福か不幸かは、実は自分の心が決めている 
 幸福に生きるための鍵は「いま」にある  ほか

4章 「もらう」ことよりも「与える」ことを優先する
 「差し出せば増え、取り込めば減る」という宇宙の法則
 無償の気持ちで捧げることで、大いなる循環と調和の中に溶け込むことができる 
 汲めども尽きぬ、無限の源泉につながるには?  ほか

5章 知恵ある生き方 ~「足る」を知り、分かち合う~
 あなたはすでに十分に持っている 
 足りないものよりも、満たされているものに意識を向ける 
 まことの感謝は、豊かさを増大させる  ほか