ハーバード流「気づく」技術

購入した作品の読み方

あらすじ

すべてのことには予兆がある! 人より先に気づけば、損害を回避し、競争相手に先んじることができる。科学データの不正操作から金融犯罪まで、行動心理学の巨人が豊富なケーススタディと思考実験で教室の熱気を再現。

【目次】
はじめに 気づき──個人的な経験から
第一章 自動車レースと自動車修理
第二章 動機づけられた見落とし
第三章 リーダーが気づかないとき
第四章 業界規模の見落とし
第五章 マジシャン、泥棒、広告業者、政治家、交渉人──共通しているのは
第六章 明白なことも見落とす滑りやすい坂
第七章 吠えなかった犬
第八章 どこかおかしな絵──話がうますぎるときは
第九章 前もって考えることで気づく
第一〇章 間接的な行動の見落とし
第一一章 予測可能な危機を防ぐためのリーダーシップ
第一二章 気づく力を磨く
謝辞
訳者あとがき
原注

【著者紹介】マックス・H・ベイザーマン (Max H. Bazerman) ハーバード・ビジネススクール教授。行動心理学の権威。リーダーシップ、意思決定、交渉術を専門とする。30カ国の政府や企業のアドバイザーとして活躍、ロンドン大学から名誉博士号、アスペン・ビジネス・社会プログラム研究所から生涯業績賞などを受けている。著書に、『予測できた危機をなぜ防げなかったのか?』(東洋経済新報社)『交渉の達人』(日本経済新聞出版社)『行動意思決定論:バイアスの罠』(白桃書房)など多数。

【訳者紹介】門脇弘典(かどわき ひろのり) 翻訳家。東京外国語大学外国語学部卒。訳書に、『レレバンス・イノベーション』(日本経済新聞出版社)。