外資系コンサルが教える「勝ち方」の教科書

購入した作品の読み方

あらすじ

ビジネスで勝ち続けるには、自分に有利な「土俵」で、かつ「勝ちパターン」に持ち込むことが大切だと外資系戦略コンサルで活躍する著者は言う。そこで本書では「土俵」の選び方と「勝ちパターン」のつくり方を解説!
【目次】
序章 勝負は「戦う前の準備」で9割決まる
01 勝ち続ける人は「土俵」を持っている
02 戦いは「相手を知る」ことから始まる
第1章 圧勝できる「土俵」のつくり方
01 土俵のつくり方1 得意技を極める
02 土俵のつくり方2 得意技を他分野にシフト
03 土俵のつくり方3 他の要素を付け加える  ほか
第2章 「勝ちパターン」をつくり、勝利を量産する
01 自分の土俵で「勝ちパターン」をつくる
02 「勝ちパターン」を設計する
03 自分の土俵を周囲に認知させる  ほか
第3章 共に戦ってくれる「味方」をつくる
01 チームメンバーを味方につける
02 「チーム全体の成果」から逆算して考える
03 モチベーションの「スイッチ」を理解する  ほか
第4章 「勝ち」につながるスキルだけを磨く
01 「勝ち」と「スキル」を紐づける
02 「中長期に必要なスキル」を考える
03 「ケイパビリティ獲得」のステップを組み立てる  ほか
第5章 勝利後の「次の戦い」の定め方
01 勝ち続けるための目標を設定する
02 「勝ちの姿」を定量的に落とし込む
03 3つの期限を設定する  ほか