日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活【期間限定価格(夏☆電書2022 真夏の「宝探し」フェス ALL298円!)】

購入した作品の読み方

あらすじ

自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と――。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。