「とと姉ちゃん」で話題の脚本家・西田征史、読売テレビの人気キャラクターをはじめての絵本化「うわばききょうだい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな子でも幼稚園・保育園が楽しくなる!「とと姉ちゃん」で話題の脚本家・西田征史 はじめての絵本「うわばききょうだい」刊行のお知らせ
画像を拡大して見る

読売テレビの人気キャラクター「うわばきクック」初めての絵本化作品で、作は人気脚本家の西田征史(にしだまさふみ)さん、絵はアニメーター・絵本作家のあさくらまやさんが手がけています。

株式会社ポプラ社(は2020年2月15日(土)に、絵本「うわばききょうだい」を刊行しました。読売テレビの人気キャラクター「うわばきクック」初めての絵本化作品で、作は人気脚本家の西田征史(にしだまさふみ)さん、絵はアニメーター・絵本作家のあさくらまやさんが手がけています。

「うわばききょうだい」ってどんな本?

★お休みの日の幼稚園では、みんな動いて遊んでる!? 幼稚園・保育園が楽しくなる絵本
★表からと裏から、ふたつのお話が読める! 2in1絵本

やさしいクックと勇敢なカックは、ふたりでひとつのうわばき兄弟。幼稚園から子どもたちが帰ったあと、絵の具やクレヨン、バケツなどの仲間たちと、いつも楽しく遊んでいます。
幼稚園の道具たちが繰り広げる楽しいお話は、入園前や通園中のお子さんにおすすめ。「もしかしたら、自分のうわばきも動いているかも…!?」と、毎日の通園がちょっぴり楽しくなる絵本です。

読売テレビ「うわばきクック 公式ホームページ」:https://www.ytv.co.jp/uwabakicook/
ポプラ社「うわばききょうだい」書誌ページ:https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/2083071.html
2月14日発売・定価:本体1,480円(税別)

作者・西田征史さんの想い

小さい頃、見ていた教育番組が、僕の目には「明るく元気な良い子」だけに向けられている気がして、なんだか息苦しく感じたことがありました。だから、そうではない子供も肯定してあげたい。そんな気持ちで「うわばきクック」を生み出しました。臆病で自分に自信が持てないキャラクターを主役に据え、明るく振舞えない子供や引っ込み思案な子供たちに「君にだって出来ることがあるんだよ!一人一人、違っていていい。それぞれが正解!」の、ようなことを伝えたくて。(中略)うわばきクックのとっても小さな大冒険。お楽しみいただけると幸いです。

プロフィール
1975年5月22日、東京都生まれ。脚本家・小説家・映画監督。脚本を担当した作品に、映画・ドラマ「怪物くん」「妖怪人間ベム」、ドラマ「とと姉ちゃん」「魔王」「ママさんバレーでつかまえて」、アニメ「TIGER&BUNNY」などがある。第39回報知映画賞・新人賞を受賞。今作が初めての絵本作品となる。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP