今年の新語・流行語大賞はどれ!? 巻頭インタビューには神田松之丞が登場「現代用語の基礎知識」がリニューアル新創刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の新語・流行語大賞はどれだ!? 今年の話題がこの1冊でまるわかり!「現代用語の基礎知識」がリニューアル新創刊! (1)
画像を拡大して見る

株式会社自由国民社は同社発行の年度版雑誌「現代用語の基礎知識」を、2019年11月7日発売の2020年度版をもってリニューアル新創刊することとなりました。

毎年、今年の世相をあらわすことばを選ぶ「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」。
11月にはノミネート語が発表され、その選出されたことばたちに注目が集まります。

そのことばの選出源である「現代用語の基礎知識」は1948(昭和23)年の創刊から71年の長きにわたり、時代を反映する新語と基礎語を解説する事典として毎年刊行してまいりました。ネットやSNSが急発展し、情報があふれる時代の変化の中で、このたび、より時代に即した形にリニューアル新創刊する運びとなりました。

[リニューアルのポイント]
●1年間の「新語・新事象」にフォーカスして解説
従来の網羅的な用語解説事典から、今知っておきたい「新語・新事象」をこの1冊で簡単に読み解くことができる「新語・流行語」マガジンへ。

●より軽くコンパクトに読みやすく
従来の1000頁を超える重厚さから296頁とスリム化。価格も大幅改定で手軽に手に取っていただける体裁に。

●サイトもリニューアルOPEN、即時性にも対応
WEBメディアもリニューアル。旬な話題の取材記事、動画による時事解説などを掲載予定。即時的な発信と双方向のコミュニケーションにより、読者との新しい関係性を構築していきます。


今年の新語・流行語大賞ノミネート語は11月6日発表予定。
新しくなった「現代用語の基礎知識」で今年の流行を振り返り、大賞を予想してみませんか?

「現代用語の基礎知識2020」
2019年11月7日発売
定価:本体1500円+税
B5判変型・296頁

〈目次〉
[巻頭インタビュー] 講談師・神田松之丞「講談が、とにかく元気だ。」
[巻頭特集]◯2019年のキーパーソン・人物ファイル  ◯2020年東京オリンピック・パラリンピック[アスリートファイル][競技ファイル] ◯世界の国旗・国旗コラム

[現代用語ジャーナル]どうなる令和新時代
◯令和と皇室 ◯改憲論議のゆくえ ◯政党メディア戦略 ◯「外国人材」と呼ばせないために ◯政治と行政への信頼失墜◯あいちトリエンナーレと「表現の不自由展・その後」 ◯「見えない」ことにされている人たち ◯ジャニーズのこれから

[ニュースのおさらい]「どうした」「そもそも」「どうなる」の3ステップで、忘れちゃいけないニュースをはじめから理解し直す!
[KEY NUMBER 数字で読む2019][ことばの言い換えコレクション][やくみつる世相フラッシュ]

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP