「物にも冥利がある」希林さんの生き方と、その並々ならぬ器量を伝える永久保存版『樹木希林のきもの』大好評につき発売即重版!   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別冊太陽『樹木希林のきもの』が好評につき発売即重版! 希林さんの生き方と、その並々ならぬ器量を伝える永久保存版が全国の書店にて大反響!!   (1)
画像を拡大して見る

株式会社平凡社は、2019年8月26日に別冊太陽『樹木希林のきもの』を刊行。予想をはるかに上回る大反響に、即日重版が決定しました。

樹木希林さんが75歳で亡くなられてから、まもなく1年が経とうとしています。
生前に残した名言がさまざまなメディアでとりあげられ、その存在感は増すばかりですが、平凡社ではビジュアル誌「別冊太陽」にて希林さんの「着物」にスポットライトをあてた特集号を2019年8月末に刊行し、大きな反響を呼んでいます。

本誌の見どころは、故人がこよなく愛した自宅で撮りおろした、着物コレクションの数々。あわせて独創的な着こなしをとらえた生前の写真も多数掲載しています。ファンならばぜひ手元に置いておきたい、豪華ビジュアル満載の永久保存版となりました。

一人娘の内田也哉子さんは、希林さんの着物との付き合いについて、本誌のなかで次のように語っています。

“母は生涯、着物とよく付き合い、着物をよく生かし切った。これだけは、傍らから見ていても断言できる。
「物にも冥利がある」
彼女が繰り返し唱えた言葉は、どこか彼女自身の人生に重なる気がしてならない。人でも物でも、とことん付き合い抜いた先には、こうしてお裾分けできるほどの冥利が、そこはかとなく立ちのぼるのだから……。”

(本誌巻頭言「衣のまにまに」より抜粋)

着物は樹木希林さんの生き方そのものでした。本誌を通して、その独創的な世界観をより深く理解していただけるのではないでしょうか。

また10月2日(水)より、東京・池袋の西武池袋本店「西武ギャラリー」で、樹木希林さんが生前に残したメッセージや愛用品を展示する「樹木希林 遊びをせんとや生まれけむ展・完全版」が開催されます。会場では本誌の刊行と連動して、希林さんが愛した着物の一部が展示される予定です。

別冊太陽 スペシャル
『樹木希林のきもの』
発売日:2019年8月26日
定価:本体 1,800円+税
ISBN:9784582945928
雑誌コード:6620173
A4変型判・オールカラー・112ページ
https://www.heibonsha.co.jp/book/b457697.html

★「別冊太陽」…1972年創刊の平凡社のムック。美しいビジュアルと豊富な資料とともに、アート分野を中心に毎号ひとつのテーマを深く掘り下げて特集。
https://www.heibonsha.co.jp/sun/

★樹木希林 遊びをせんとや生まれけむ展・完全版
2019年10月2日(水)〜15日(火)東京・池袋の西武池袋本店西武ギャラリーにて開催
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/1386077.html?cateid=2

【『樹木希林のきもの』目次】
巻頭言「衣のまにまに」(内田也哉子)
きものが物語る希林さんの美学
希林館コレクション1(春夏のきもの/秋冬のきもの)
希林館コレクション2(秋冬のきもの/春夏のきもの)
座談会「自分らしく美の追求をした希林さん」(石田節子×ムッシュ・遠藤×北澤順造)
昔きものから共作したドレスたち
再録 別冊太陽 骨董を楽しむ——38『昔きものと遊ぶ』より「樹木流“きもの”の遣り繰り」
きものも命も伝わることがしあわせ「樹木希林きものアルバム」
エッセイ 江木良彦/渡辺満里奈/梶川由紀/北村道子/尾久彰三/箭内道彦

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全10枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP