「レタッチしすぎ」の罠…ギラギラした風景写真はもう要らない!“インスタ映え”に「アサヒカメラ」が怒りの一撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「インスタ映え」にアサヒカメラが怒りの一撃!ギラギラした風景写真はもう要らない。 (1)
画像を拡大して見る

「インスタ映え」写真、見飽きました。

この言葉が2017年の流行語大賞に選ばれてから1年半以上。どこかで見たことがあるような写真ばかりが並び、写真家の方々からも、必ずと言っていいほど「レタッチしすぎ」という声があがります。「自然」を撮っているのに「不自然」に見える。そこで「アサヒカメラ2019年9月号」では、氾濫するレタッチしすぎの劇的写真に警報を鳴らすため<風景写真があぶない! 「レタッチしすぎ」の罠>と題した渾身特集を組みました。ご期待ください。

<「ありえないでしょう、こんな風景写真は!」
人気の風景写真家・米美知子さんは、過度なレタッチを施した写真がSNSや雑誌に跋扈する現状にたいへんお怒りです。イメージ写真やコマーシャルフォトならいざ知らず、「自然風景を撮るのであれば、自然を自然に表現してほしい」と。米さんによれば、「その色は自然界にはない色だよ」と言っても、劇的な色や光を求めてレタッチに時間をかけるあまりに、オリジナルの色がわからなくなる。「記憶色」を頼りにレタッチを始めていたはずが、いつの間にか「希望色」になっていく。彩度が高くて、ぱっと見きれいな「スマホがつくる色」がいいと思う人が多くなってしまった。そして、写真コンテストなどでは、自然風景を知らない写真家や主催者が審査員を務め、レタッチまみれの「ギラギラ系」風景写真を入選させてしまう——というわけです。

彩度の高い、インスタ映えするような風景写真がもてはやされるのでは、写真の記録性からいっても論外です。では、どうしたらいいのか?

アサヒカメラ9月号では<風景写真があぶない! 「レタッチしすぎ」の罠>と題した特集を組みました。前出の米美知子さんのインタビューに加え、写真家の山口高志さんが「適正なレタッチとは何か」をテーマに、実践的なアドバイスを行っています。さらにプロ写真家の撮影後の作業フローに密着。撮った後の写真のセレクト、現像、プリント、バックアップなどを62ページにわたって特集しています。

また、ラグビーW杯や来年の東京五輪、秋に始まる子どもの運動会に備えようということで、<スポーツ写真の実践テクニックとトラブル防衛術>も掲載。競技の撮影位置から狙いどころ、撮影のルール&マナーについて、写真家や弁護士が詳しくアドバイスしています。
ラグビーW杯と東京五輪「SNS違法アップ」の境界線から、場所取りでトラブルが続発している子どもの運動会で嫌われる保護者の「撮影マナー」違反まで、スポーツ写真の撮影現場で「やっていいこと」「悪いこと」を特集しました。

アサヒカメラ 2019年 09 月号
発売日:2019年8月20日
定価:980円(税込み)
▼『アサヒカメラ 2019年9月号』電子書籍配信中!

アサヒカメラ 2019年9月号

※定価、ページ表記は紙版のものです。一部記事・写真・付録は電子版に掲載しない場合があります。 ※『シ...

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP