北欧を思わせる世界観、家族のぬくもりが魅力の『わかくさのおかで』刊行、絵本の料理が食べられる「絵本カフェ」も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【注目の新人作家による新作絵本】北欧を思わせる世界観、家族のぬくもりが魅力の『わかくさのおかで』3月中旬刊行! 絵本の料理が食べられる「絵本カフェ」も限定オープン! (1)
画像を拡大して見る

絵本作家のかじりみな子さんが、好調の前作『ゆきがふるまえに』の続編を刊行します。

株式会社偕成社は、武蔵野美術大学油絵学科で絵を学び、酒井駒子さん等多くの絵本作家を輩出している「あとさき塾」(主催:トムズボックス)で絵本づくりを学んだかじりみな子さんの3作目の絵本を、3月12日に刊行します。発売を記念して、原画展、絵本の料理が食べられる「絵本カフェ」も限定オープンします。

本作は、2016年の初版から毎年版を重ねているデビュー作『ゆきがふるまえに』の続編にあたります。前作で、はじめてのおつかいにでかけたうさぎのラビッタちゃん。今回は妹のピョコラッタちゃんとともに、家族で緑まぶしい丘へとピクニックへでかけます。

見晴らしのいいところで、みなでつくったおいしいお弁当をひろげ……

お腹いっぱいになったラビッタちゃんとピョコラッタちゃん。今度は、野原を探険にでかけます! 川をわたり、トンネルをぬけ、2人はごきげんですすんでいきますが、はっと気がつくと……。


まるで絵本のなかから出てきそうな生き生きとした動物たち、思わず手を伸ばしたくなるほどおいしそうな食べもの、さわやかな風を感じる美しい春の丘など、緻密なタッチが、前作からさらにパワーアップ。

かじりさんが一貫して大切にしてきたテーマが「家族」。 今回の作品も、家族のぬくもりを通じて、読者が明るく幸せな気持ちになってくれれば、という願いを込めていらっしゃいます。

刊行を記念して、かじりみな子さんの絵本原画展開催!絵本カフェも。

新刊の刊行を記念して、ブックセンター滝山本店運営のギャラリーで原画展が開催されます。

会場:MIDORIYA(ブックセンター滝山本店となり)
住所: 東京都 東久留米市滝山5丁目12−20
会期:2019年3月21日(木)〜2019年3月31日(日)(3/28のみお休み)
時間:9:30〜16:30
お問い合わせ:TEL 042-473-4343
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/midoriyabc/

<イベント情報>
3月24日(日)11:00〜12:00 絵本の作者さんに会おう!サイン会&絵本トーク
3月21日(水)24日(日)31(日)絵本のお料理を食べてみよう「絵本カフェ」開催予定

書籍詳細

【著者紹介】
作:かじりみな子
1976年、兵庫県姫路市生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。学生時代はサイクリング部に所属し、自転車三昧の日々をおくる。卒業後「あとさき塾」にて絵本作りを学び、娘の成長をきっかけに本格的に創作をはじめる。絵本に『ゆきがふるまえに』『ふたつでひとつ』(偕成社)、さし絵に『ドリーム・アドベンチャー〜ピラミッドの迷宮へ〜』(偕成社)、『ライオンつかいのフレディ』(文研出版)などがある。東京都小平市在住。

【書籍詳細】

書名:わかくさのおかで
作:かじりみな子
定価:1,400円+ 税
対象:3歳から
サイズ:20cm×28cm
ページ数:32ページ
ISBN コード:978-4-03-332910-9
発売日:2019年3月12日
◎偕成社HP書誌情報:https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784033329109

関連書籍情報

書名:ゆきがふるまえに
作:かじりみな子
定価:1,400円+ 税
対象:3歳から
サイズ:20cm×28cm
ページ数:32ページ
ISBN コード:978-4-03-332560-6
発売日:2016年11月
◎偕成社HP書誌情報:https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784033325606

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全5枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP