十代目松本幸四郎の写真集『残夢』刊行記念イベント開催、歌舞伎役者としての“これまで”と“これから”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【銀座 蔦屋書店】十代目松本幸四郎さんご来店!写真集『残夢』刊行記念トークイベント&サイン会開催 (1)
画像を拡大して見る

銀座 蔦屋書店にて、今年1月に十代目松本幸四郎の名を襲名された十代目松本幸四郎さんの写真集『残夢』の刊行を記念し、3月6日(火)にトークイベント兼サイン会を開催します。

写真集『残夢』は、歌舞伎俳優である市川染五郎が十代目松本幸四郎へ襲名したことを記念して刊行された写真集です。三代目松本金太郎としての初舞台から現在に至る演目まで網羅している記録的な一冊となっています。

イベント当日は、松本幸四郎さんご本人と、撮影を担当された写真家・野村佐紀子さん、今回の写真集制作にも携わった編集者でライターの山下シオンさんを聞き手役としてお呼びし、松本幸四郎さんの歌舞伎役者としてのこれまでと、これからをお話しして頂く予定です。また、トークイベント終了後にはサイン会も予定しております。

プロフィール


松本幸四郎

1973年1月東京都生まれ。二代目松本白鸚の長男、息子は八代目市川染五郎。
1979年3月歌舞伎座において『●客春雨傘』で三代目松本金太郎を名乗り初舞台を踏む。
1981年10月歌舞伎座『仮名手本忠臣蔵 七段目』大星力弥ほかで七代目市川染五郎を襲名。
古典歌舞伎の二枚目はもとより、敵役や女方まで幅広く演じる。
主な出演作に、『勧進帳』の弁慶、『寺子屋』の松王丸、『伊勢音頭恋寝刃』の福岡貢、『女殺油地獄』の河内屋与兵衛、『碁盤忠信』の忠信、『伊達の十役』、『船弁慶』の知盛の霊、『鏡獅子』の弥生などがある。
新作歌舞伎にも意欲的に取組み、『陰陽師』の安倍晴明、歌舞伎NEXT『阿弖流為<アテルイ>』、フィギュアスケートとコラボした『氷艶hyoen2017 破沙羅』なども大きな話題となった。近年の海外においては、2015年8月、ラスベガスのベラージオの噴水における特設舞台で『鯉つかみ』、更に翌2016年5月には、同じくラスベガスのMGM内の劇場で本作『獅子王』に主演した。今年は、1・2月歌舞伎座を皮切りにスタートした父・息子との三代同時襲名興行を、4月は名古屋・御園座、6月福岡・博多座、7月大阪松竹座、11月京都南座と一年をかけて披露する。

野村佐紀子
1967年山口県下関市生。九州産業大学芸術学部写真学科卒業後、91年より荒木経惟に師事する。93年初の個展「針のない時計」を開催以降、東京を中心にヨーロッパ、アジアでも精力的に個展・グループ展を行い高い評価を得ている。2013年さがみはら写真新人奨励賞受賞。2015年フランスにて開催された日本人アーティスト8名によるグループ展「Another Language 」展(アルル国際写真フェスティバル)に出展、世界中の人々より称賛されました。現在、今後の活躍がもっとも期待されるフォトグラファーのひとり。
主な写真集に『裸の時間』(97)、『愛の時間』(00)、『夜間飛行』(08)、『黒闇』(08)、『NUDE/A ROOM/FLOWERS』(12) 、『Another Black Darkness』(16)、『ango』(17)、『愛について』(17)など。

山下シオン
編集者、ライター。出版社の女性誌、男性誌の編集者としてさまざまなジャンルの取材を経験し、2007年に独立。女性誌を中心に歌舞伎、バレエ、ミュージカルなどの人物インタビュー、旅について編集・執筆を担当。金沢生まれ。手がけた書籍は『坂田藤十● 歌舞伎の真髄を生きる』『カメ流』『吉田都 一瞬の永遠』『十八代目中村勘三郎』『人生いろいろ染模様』など。



写真集紹介


『残夢』
2018年に歌舞伎俳優である市川染五郎が十代目松本幸四郎へ襲名したことを記念して刊行された写真集。三代目松本金太郎としての初舞台から現在に至る演目まで網羅している記録的な一冊。基本的に時系列順に編集されているので、ページをめくるごとに、役者として、人間として成長していく彼の姿を追うことができ、そして積年の夢であった「勧進帳」の”武蔵坊弁慶”を迎えるシーンで幕を閉じる。
撮影は野村佐紀子その他、ブックデザインは町口覚が手掛けている。

<書籍情報>
十代目松本幸四郎写真集『残夢』(限定1,000部)
出版社 AKIO NAGASAWA GALLERY
価格  15,000円/税込
仕様  ハードカバー/B5/スリップケース入り/モノクロ/日本語

十代目松本幸四郎写真集『残夢』豪華版(限定50部)
出版社 AKIO NAGASAWA GALLERY
価格  216,000円/税込
仕様  ハードカバー/B5/スリップケース入り/モノクロ/日本語/
    額装押隈(※):50cmほどの予定



※押隈は幸四郎さんご自身で監修したもの。商品画像の押隈はイメージで、現物は絹の黒地に金・銀・赤で表現される予定。



開催概要


【トークイベント&サイン会】十代目松本幸四郎写真集『残夢』刊行記念
日程 2018年3月6日(火)19:30〜21:00
定員 200名
会場 銀座 蔦屋書店 EVENT SPACE
主催 銀座 蔦屋書店
協力 AKIO NAGASAWA GALLERY
電話 03-3575-7755
営業時間 09:00〜23:30
URL https://store.tsite.jp/ginza/event/art/1759-1412500219.html

<参加条件>
銀座 蔦屋書店の店頭もしくはお電話、オンラインショップにて、下記のいずれかをご購入で参加いただけま
・十代目松本幸四郎写真集『残夢』(AKIO NAGASAWA GALLERY):15,000円/税込
・十代目松本幸四郎写真集『残夢』豪華版(AKIO NAGASAWA GALLERY):216,000円/税込
※書籍はイベント当日のお渡しとなります。
※オンラインショップでの受付は2018年3月4日(日)午前9時の受注分までとなります。



店舗情報



銀座 蔦屋書店
本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。
アートを眺めながら、また、アートブックをひらきながら、珈琲を飲むことができるカフェやギャラリーを併設しています。思い思いにアートを楽しむ時間が過ごせる空間をご用意しております。

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 6F
電話番号:03-3575-7755(代表)
営業時間:9:00〜23:30(不定休)
ホームページ:https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook:https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS
Twitter:https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram:https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/
オンラインショップ:https://store.tsite.jp/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全5枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP