ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロ作品が急上昇、代表作2作のTOP10入りはじめ計7作がTOP100入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「わたしを離さないで」表紙
画像を拡大して見る

2017年10月23日付オリコン週間“本”ランキング(集計期間:10月9日〜10月15日)の文庫部門では、10月5日に2017年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ作品が多数登場。先週付で100位圏外から37位に上昇した「わたしを離さないで」(早川書房/2008年8月22日発売)が7位、「日の名残り」(早川書房/2001年5月発売)が9位と、代表作が揃ってTOP10入りを果たしたのをはじめ、合計7作が先週付100位圏外からTOP100内にランクインした。なお「わたしを離さないで」は昨年2月29日付以来1年8カ月ぶり、「日の名残り」は初のTOP10入り(週間売上はそれぞれ1.8万部、1.4万部)となった。

昨年1月に綾瀬はるか主演でTVドラマ化され注目を集めた「わたしを離さないで」は、ある使命を背負って生きてきた子どもたちの姿を描き、“生きること”の意味を問う物語。一方「日の名残り」は、老執事の過去の想い出を通じ、失われゆく伝統的な英国を描き、1989年に英国最高の文学賞「ブッカー賞」を受賞した。また、このたびのノーベル文学賞受賞を受け、発売日が10月14日に繰り上がったイシグロ氏の最新長編「忘れられた巨人」文庫版は、初登場37位にランクインしている。

その他、今週の同部門では、先週付で7位に初登場した西加奈子の「第152回直木賞」受賞作「サラバ!」上巻(小学館)が2位に、中巻が28位から8位、下巻が29位から10位に上昇し、3作同時TOP10入りを果たした。

■10月23日付文庫部門TOP100内にランクインしたカズオ・イシグロ作品

「日の名残り」表紙
画像を拡大して見る

<順位|先週順位|タイトル/訳者名|推定週間売上(万部)|推定累積売上(万部)|出版社名|発行年月>
7|37|わたしを離さないで/(訳)土屋政雄|1.8|37.1|早川書房|200808
9|圏外|日の名残り/(訳)土屋政雄|1.4|6.3|早川書房|200105
37|圏外|忘れられた巨人/(訳)土屋政雄|0.6|0.6|早川書房|201710
55|圏外|わたしたちが孤児だったころ/(訳)入江真佐子|0.4|1.4|早川書房|200603
65|圏外|遠い山なみの光/(訳)小野寺健|0.3|1.4|早川書房|200109
78|圏外|夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語/(訳)土屋政雄|0.3|3.3|早川書房|201102
81|圏外|浮世の画家/(訳)飛田茂雄|0.3|0.8|早川書房|200611

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP