【電子書籍ランキング】本屋大賞2017候補作の「コンビニ人間」が首位奪取 (1/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

2017年3月8日付music.jp週間電子書籍ランキング/第1位「コンビニ人間」村田沙耶香(文藝春秋)
画像を拡大して見る

music.jpにて2017年3月8日付の週間電子書籍ランキングが発表された。毎年話題になる本対象の2017年度候補作品にもなっている「コンビニ人間」が、1月18日以来となる首位を奪取した。

6位には「仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?」が初登場。仕事においてミスをせずに効率よく業務を行うのは非常に重要なスキル。制度を落とさずスピードアップをするためのスキルを紹介してくれるスキル本。一方10位の「最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス」も、電子書籍で人気ジャンルであるセックススキル本。男女の「勘違いセックス」を解消してレベルの高い性生活を楽しむための指南本だ。
music.jpにて2017年3月8日付の週間電子書籍ランキングは以下の通り。

■週間電子書籍ランキングTOP10

第1位 コンビニ人間

※第155回芥川賞受賞作。大学卒業後は就職もせず、コンビニのバイトを18年続けている36歳未婚女性、古倉恵子。マニュアル化された生活を親しんでいたところ、婚活目的の新入り男性、白羽がやってくる。

第2位 火花

※お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が書いた初の中編小説。第153回芥川賞を受賞して一躍ベストセラーに。売れない芸人・徳永が先輩芸人・神谷に弟子入り志願。人間味溢れる神谷に惚れていく徳永に、神谷は笑いの哲学を教えようとする。

第3位 コーヒーが冷めないうちに

※脚本家・演出家である川口俊和による初の小説。過去に戻れる、そんな不思議な喫茶店で起こった心温まる4つの奇跡。

第4位 いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

※最新の科学研究で割り出した、子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいアドバイスが満載。

第5位 嫌われる勇気

※フロイトとユングと並ぶ三大心理学者でありながらも日本ではなぜかほぼ無名に近いアルフレッド・アドラーの思想を物語形式で伝える。対人関係の悩みを解消するための「勇気」とは何か。

第6位 仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

※「ミスしない」は、仕事の効率化&できる人になる、最短ルート! 誰でもできるのに、意外に知らない「理系思考」の仕事術!

第7位 教団X

※2つの新興宗教で交錯する4人の男女。その運命は教団の暴走と共に崩壊へと向かっていく。芥川賞、大江健三郎賞、さらには日本人として初めてアメリカ・ディヴィット・グーディス賞を受賞した著者の傑作。

第8位 自分を操る超集中力

※「気が散ってしまい、いつも集中が続かない」 「仕事や勉強で毎日疲れている」 「本番や締切が近づいて、せっぱ詰まっている」、そんな方に送るメンタリストDaiGoによる集中方法。

第9位 君の膵臓をたべたい

※2016年本屋大賞にノミネートされるなど注目されている新人作家・住野よるの現代小説。ホラー小説かのようなタイトルだが中身は誰もが胸をくすぐられるであろう青春物語。

第10位 最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス

※男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の“生きた”テクニックをご紹介。

------------------
第11位以降のランキングが気になる方はmusic.jpで確認しよう。

次ページ:■週間電子書籍ランキングTOP10作品>

<<

<

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP