ぷちぱすぽ・八木ひなた、元AKB48・森川彩香、中山絵梨奈、宮崎翔太ら出演で『いなくなれ、群青』舞台化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『いなくなれ、群青』に出演者。左から宮崎翔太、中山絵梨奈、ぷちぱすぽ・八木ひなた
画像を拡大して見る

「階段島」シリーズの人気作『いなくなれ、群青』(原作:河野裕、新潮文庫刊)が、中山絵梨奈や宮崎翔太、ぷちぱすぽ八木ひなた、元AKB48の森川彩香ら出演で、劇団た組により舞台化されることが決定した。

ヒロインには、「仮面ライダーウィザード」などドラマを中心に注目を集める中山絵梨奈を起用。今回が舞台初挑戦となる。シリーズ主役の七草役には、舞台「博士の愛した数式」や、ミュージカル「忍たま乱太郎」などで高い評価を受けた若手俳優の宮崎翔太が務める。堀役には元AKB48の森川彩香、小学生の少年役として八木ひなた(ぷちぱすぽ)など、意欲的な起用が目を引く。

脚本・演出は、舞台「博士の愛した数式」「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」などの若手演出家・加藤拓也。

公演は、6月22日〜26日の5日間。会場は、LIVESTAGEほっぢぽっぢ。チケットはカンフェティにて、4月22日10時より販売が開始される。

舞台の詳細は劇団た組のHPを参照されたい。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全4枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP