斎藤一人ファン必読! 実姉が語る、知られざる子供時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よしかわ まり

銀座まるかんの創業者で、納税額12年間連続ベスト10という日本新記録を打ち立てた斎藤一人さんは子供の頃から変わっていた!?  一人さんの実のお姉さんが明かす一人少年の驚きのエピソードとは。


「斎藤一人 こんな簡単なことで最高の幸せがやってくる(KKロングセラーズ)」一人さんのお姉さん(PHP研究所)

独自の人生観を持ち、著作家として多くの本も出している一人さんは小さい頃どのような子供だったのでしょうか。一番近くで見てきたお姉さんだからこそ語ることができる、一人さんの人となりが分かる一冊です。

そもそも斎藤一人さんって、どういう人?

2005年以降、個人保護法の全面施行により高額納税者の発表が禁止になりましたが、1993年から発表を終えた2004年までで、納税額ベスト10という日本新記録を樹立。その12年間で累計納税額もなんと前人未到の173億円を納め、これも日本一となった斎藤一人さん。土地の売却や株式公開などによる高額納税者が多い中、納税額はすべて事業所得によるものという異色の存在として注目されました。 

さらに一人さんが面白いのは、その独自の人生観。いわゆるポジティブな“天国言葉”を普段から口にすることをすすめており、心の楽しさと経済的豊かさを両立させるための著書を何冊も出版。

主な著書は「斎藤一人の絶対成功する千回の法則」(講談社)、「地球が天国になる話」(ロングセラーズ)、「眼力」、「微差力」(サンマーク出版)、「普通はつらいよ おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きるコツ」「仕事は面白い」(マキノ出版)など。
精神面と経済面の両方を豊かにするとてもユニークな考え方は、多くの一人さんファンに支持されています。

斎藤一人の絶対成功する千回の法則

大ベストセラー、待望の文庫化! 累積納税額ダントツ日本一、12年連続高額納税者番付(総合)トップ10...

眼力

「あなたは、見抜く力をもっていますか? 仕事を、見抜けますか? 世間を、見抜けますか? 人を、見抜け...

微差力

著作第1弾『変な人の書いた成功法則』がいきなりベストセラーとなった「銀座まるかん」の創設者・斎藤一人...

一人さんのお姉さん著「斎藤一人 こんな簡単なことで最高の幸せがやってくる」

これまで多くの著書を出版し、お弟子さんも一人さんの教えを元にたくさんの本を出していますが、この本は満を持して、実のお姉さんが初出版! 子供の頃の一人さんの不思議エピソードや、一人さんから言われた教え、お姉さんが働いている「一人さんのお姉さんのお店」の常連さんインタビューも収載。ちょっぴり控えめなお姉さんが自身の体験をふまえて、一人さんの小さい頃を初めて語ってくれています。

斎藤一人 こんな簡単なことで最高の...

斎藤一人ファン必見!!初めて語られる一人少年のエピソード満載。この本は読むだけで幸せになれる。

試し読み

“変わり者一人少年”のハンディーキャップ

「変な人の書いた成功法則」「変な人の書いたツイてる話」など著書の題名にも印象的なように自らを“変な人”と語る一人さんは、子供の頃から“変わり者”だったそう。七人兄弟の末っ子として生まれた一人さんは、とてもからだが弱くほとんど寝たきりだったと言います。

小さい頃からよく面倒をみていた、この本の著者である八歳年上のお姉さん。ある日小学生の頃、高熱を出して寝込んでいる一人少年にすりおろしのりんごを食べさせてあげていると、「お姉ちゃん、いつも、ありがとう。お姉ちゃんのことは、オレが一生、守ってあげるからね」と口にしたそう。自身が病気で寝込んでいるにも関わらずそのお言葉。その頃から将来、大物になるつもりでいたのかも知れません。

そんな一人少年は学校も休みがちだったので、家ではいつも本を読むのが日課。小学生の頃から、中国古典の「三国志」や、「孫子」「論語」「老子」「荘子」を読み、また、松下幸之助さんや本田宗一郎さんなど、成功した経営者の本を読んでいたと言います。あまりにも本を読むので、お姉さんがなぜそんなに本を読むのかを聞いた時の一人少年が発した言葉がすごい。


「お姉ちゃん、本はオレの大学なんだよ。本ってね、その人が持っている最高の知識で、真剣に書くんだよ。だから、その人の最高の知識がつまったものを、自分の好きなペースで学べるんだ。こんなにいいものはないよ」

からだが弱くなかなか学校にも行けない一人少年にとって、本は唯一世の中を教えて社会と繋げてくれる大切な先生だったのでしょう。病気というハンディーキャップが、生きてるだけでありがたいという感謝の気持ちと、生きることそのものへの貪欲さを生み出したのかも知れません。

知識で教わり、経験を積んだからこそ分かる“幸せ”

人の性格や人間性は子供の頃の育った環境で、ある程度、形成されると言います。ここで挙げたエピソードはごく一部ですが、この本を読むと納税額日本一となった斎藤一人さんを形作った要素の片鱗を、垣間見るが出来ます。

お姉さん自身、小さい頃から一人さんに、健康になる方法、商売のこと、お金のこと、そして、精神的に幸せになることを教えてもらっていましたが、その話に心底耳を傾け、本気で実践しはじめたのはずいぶん後になってからだそう。知識で知っていても、それが本当に理解出来るようになるのは身をもって経験してこそだということも感じさせてくれます。

斎藤一人さんを新たな角度から見ることができるファン必読の一冊。一人さんと、お姉さんが歩んできた人生を、少し覗いてみませんか?

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP