“東北No.1女子アナ”塩地美澄、あふれるバストと気品漂う大胆ボディを披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元秋田朝日放送アナウンサーで現在フリーで活躍中の塩地美澄アナ。東北No.1女子アナとして不動の人気を博した彼女のはち切れそうなバストと、陶器のような品格漂う不敵なボディを披露!!


<デジタル週プレ写真集> 塩地美澄「あじさい」 (c)塩地美澄/藤本和典/集英社

高校と大学時代はミス・コンテストやキャンギャルで活躍

1982年生まれ、北海道出身。スリーサイズはB89・W64・H88。
快活な性格だけでなく容姿にも恵まれ、北海道札幌北高校時代にはミス北高に選出された塩地アナ。大学時代にJR北海道のキャンペーンガールミス・ツインクルを務め、秋田朝日放送には2006〜2014年まで勤めた。2016年にはファースト写真集『みすみ』を発売、週刊誌などでグラビア活動を開始した。

野外シチュエーションの演出にこだわりを感じるショット満載

人気のない道を誘うように振り向きながら、スカートをまくり上げる塩地アナ。あらわになったシースルーのランジェリーからのぞくヒップラインやたわわなバスト。廃墟でさまざまなポーズを魅せながら肢体をさらけ出す姿に妄想が止まらない。また、白いロンTに黒いシースルーのランジェリーを身に着けて、浜辺に横たわるショット。ロンTが濡れて肌に張り付き、彼女の肉感をより強調している。はち切れそうな胸のボリュームと汚れたロンTが、浜辺で押し倒したような臨場感を演出している。

見えるか見えないかのギリギリラインに思わずドキリ...

ほとんど前掛けのような薄い生地のワンピースから覗く、背中からヒップにかけてのくびれやギリギリのラインで隠されているバスト。体勢によってはこぼれ出そうなセクシーな衣装でアナタを誘う。一方、マゼンタのランジェリーが肌の白さを強調する、コントラスト鮮やかなショット。ベッドの上では、白いバストのたわわな肉感と上気したような頬で見つめる彼女のまなざしにドキリとさせられる。ほかにも、逆光まぶしいホテルの一室で下着姿のポージングやシーツに包まる無邪気な姿など、彼女の知られざる一面やテレビではめったに見ることのできない表情が収められている。

10月7日放送のAbemaTV系グラビア番組『といき』では、初回で布団で寝そべるランジェリー姿を披露し話題になった塩地美澄アナ。番組では切ない吐息や寝息で視聴者の妄想をかき立てた。本作品も妖艶なランジェリー姿で不敵なボディを十二分に披露している。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP