ドラマにもなった「生活安全課0係 ファイヤーボール」のおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

刑事ものと言えば、もうありきたりだから見たくないという方もいるかもしれない。しかし、作者である富樫倫太郎という名前を聞けば、きっとこの作品に目を向けるに違いないだろう。彼のファンにとって、「生活安全課0係 ファイヤーボール」ほど面白いものはないといえる。さあこの作品の面白さとは一体・・・。


「生活安全課0係 ファイヤーボール」富樫倫太郎(祥伝社)

■「生活安全課0係 ファイヤーボール」の魅力

事件の解決だけが全てでは無い。小さな事件にも必ず重大な事は含まれている。でも主人公はいわゆる空気が読めないKY刑事ときたものだから、読者はこの作品にくぎ付けとなる。内容に引き込まれるもさることながらこの物語の展開の素晴らしさに思はず見とれてしまうこと間違いなしだ。

島流し的存在である部署に、変わり者の主人公が登場、ハチャメチャではあるものの、内容が面白くなければすぐに飽きられてしまうようなストーリー展開。しかしそこをしっかりと描いているからこそ、面白おかしく話が進んでいき、なるほどなと思わせるような事件の解決に思わず感動する。

■主人公に注目してみると...

複雑怪奇な事件や登場人物のキャラクターに目が行きがちであるが、こういったストーリーはすべて主人公の能力やその持ち味にかかっているのも過言ではない。

この作品を例に漏れず、主人公の素晴らしさに感動するだろう。人をくってかかるようなものの見方、変わり者である主人公。これだけでも十分読者を惹きつける要素満載だ。しかしここからがすごい彼はやはり変わり者であるだけあって、その能力はズバ抜けている。小さな事件でもささいな出来事にすぐ気づきプロファイリングの腕も超一流だ。

このストーリーを楽しむのも良いのだが、主人公に注目して話を追っていくと、どんどんと物語っに引き込まれていくことに気づくだろう。

■次の作品が待ち遠しくて仕方がない

主人公が言ってしまえば、はちゃめちゃな性格であり、本来誰もが気づかないところをズバッと言ったり、気付かなければいけないところに全く気づかなかったりなど、そういったところも読んでいてすごく楽しい。

だが、事件を理論的に解決するところはさすがの刑事モノだと感心せざるを得ない。そういったメリハリの効いた、パンチのある作品はめったにお目にかかれるものではない。

だからこそ次回作にも期待するし、早く次の作品が読みたくなる、そういった作品なのである。これが富樫マジックなのかもしれない。

生活安全課0係 ファイヤーボール

小泉孝太郎好演で大注目!テレビ東京系列「警視庁ゼロ係」の原作!“空気は読めないが人の心は読める”変人...

試し読み

本作はストーリー展開も楽しめるし、なんといっても、もはや滑稽だと言える位、空気の読めない主人公に思わず共感してしまう人も多いだろう。でもその主人公の能力の高さに驚き、次の展開が待ち遠しくなる素敵な作品でもある。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP